ピーススマイル矯正歯科

費用について Price

定額料金システム・・・当院の治療費は各種装置料、毎月の調整料など
治療に必要なすべての費用を含んだ定額料金(トータルフィー)となっており
追加の治療費・料金を頂くことは原則ありません
また動的矯正治療終了から2年間の保定管理の料金も含まれています
*費用は全て税込となっております。 *初診相談料¥2,000が別途必要です

Ⅰ期治療(小児矯正治療)

  • 精密検査・診断料¥30,000
  • 治療基本料¥400,000
  • 合計¥430,000

*Ⅰ期治療終了後にⅡ期治療へと移行する場合、Ⅱ期治療に必要な費用は差額分となります(Ⅱ期治療の費用から43万円が差し引かれます)。

Ⅱ期治療(成人矯正治療)

①-ⅰ.唇側矯正装置(メタルブラケット)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • 合計¥900,000
長所 短所
・装置自体の大きさが小さいため口腔内の違和感が小さい。
・丈夫で壊れにくい。
・見た目が目立ちやすい。

①-ⅱ.唇側矯正装置(樹脂ブラケット)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • 樹脂ブラケット加算¥100,000
  • 合計¥1,000,000
長所 短所
・メタルブラケットと比較して透明に近いため目立ちにくい。 ・メタルブラケットより大きいため違和感が多少大きくなる。
・メタルブラケットと比較して破損しやすい。

①-ⅲ.唇側矯正装置(セラミックブラケット)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • セラミックブラケット加算¥200,000
  • 合計¥1,100,000
長所 短所
・歯の色に近く、白いワイヤーを使用するため唇側矯正装置の中では一番目立ちにくい。 ・メタルブラケットと比較して破損しやすい。

①-ⅳ.唇側矯正装置(セルフライゲーションブラケット)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • セルフライゲーションブラケット加算¥200,000
  • 合計¥1,100,000
長所 短所
・痛みが少ない。
・治療期間を短縮できる。
・通院回数を減らせる。
・装置が大きいのでやや目立ちやすい。

②-ⅰ.片側舌側矯正(ハーフリンガル)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • ハーフリンガル加算¥300,000
  • 合計¥1,200,000
長所 短所
・見た目に目立つ上顎を舌側矯正にするので装置が目立ちにくい。
・フルリンガルと比較して舌が触れる違和感を軽減できる(発音への影響が少ない)。
・上顎の裏側に装置を装着するため治療中の口元の突出が避けられる。
・唇側矯正装置と比較して違和感がある。

②-ⅱ.上下顎舌側矯正装置(フルリンガル)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • フルリンガル加算¥500,000
  • 合計¥1,400,000
長所 短所
・外側からは見えない。
・矯正治療中の虫歯トラブルになりにくい。
・上顎の裏側に装置を装着するため治療中の口元の突出が避けられる。
・唇側矯正装置と比較して違和感がある。
・慣れるまで舌の違和感が大きい。
・発音がしづらい。

③.インビザライン(マウスピース)

  • 精密検査・診断料¥50,000
  • 治療基本料¥850,000
  • インビザライン加算¥200,000
  • 合計¥1,100,000
長所 短所
・目立たない。
・取り外しができて衛生的。
・口腔内のトラブルが少ない。
・使用時間を守らないと効果がない。
・治療できる範囲に制限がある。

医療費の控除について

歯列矯正を受ける人の年齢や目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
医療費控除額(上限200万円)=1年間の医療費-(保険金などの受給額+10万円)
還付金額=医療費控除額×所得に応じた税率

例えば・・・

・所得330〜695万円の方が矯正費用に140万円かかった場合には、26万円が還付される計算となります。
  (140万円-10万円)×20%=26万円

・住民税は所得税率によらず、一律で医療費控除額の10%が減額となります。
  (140万円-10万円)×10%=13万円

⇨従って、所得330〜695万円の方が、140万円の矯正治療を受けた場合、所得税の還付額と住民税の減額金額の合計は39万円となります。